· 

Pi Net work の事業内容〜オフィシャルサイト、ホワイトペーパー参照

今日はPi net workの中身をホワイトペーパーとオフィシャルサイトから抜粋した記事をまとめてみました。

 

序文

世界がますますデジタル化する中、クリプトカレンシーはお金の進化の次の自然なステップです。Piは、世界中でのクリプトカレンシーの採用を大きく前進させた、日常の人々のための最初のデジタル通貨です。

 

私たちの使命 クリプトカレンシーとスマートコントラクトのプラットフォームを構築し、日常生活者が安全に操作できるようにします。

 

当社のビジョン 世界で最も広く使われているクリプトカレンシーであるPiを燃料とした、世界で最も包括的なピアツーピアのマーケットプレイスを構築します。

 

より高度な読者のためのDISCLAIMER。Piのミッションは可能な限り包括的であることですので、この機会にブロックチェーンの初心者をウサギの穴に紹介します :)

 

紹介します。暗号通貨が重要な理由

現在、私たちが日常的に行っている金融取引は、信頼できる第三者が取引の記録を保持していることに依存しています。例えば、銀行取引をするとき、銀行システムは取引の記録を保持し、その取引が安全で信頼できるものであることを保証しています。同様に、シンディがPayPalを使って5ドルをスティーブに送金した場合、PayPalはシンディの口座から5ドルが引き落とされ、スティーブの口座に5ドルが入金されたという中央記録を保持しています。銀行やPayPalなどの仲介者は、現在の経済システムの他のメンバーと同様に、世界の金融取引を規制する上で重要な役割を果たしている。

 

しかし、これらの信頼できる仲介者の役割にも限界がある。

 

不公正な価値の取り込みである。これらの仲介業者は、何十億ドルもの富を生み出していますが(PayPalの時価総額は約1,300億ドル)、顧客である現場の日常生活者には実質的に何も渡されていません。より多くの人々が遅れをとっているのです。

手数料。銀行や企業は、取引の円滑化のために多額の手数料を請求しています。これらの手数料は、最も代替手段の少ない低所得者層に不釣り合いに影響を与えることが多い。

検閲。特定の信頼できる仲介業者が、あなたのお金を移動させるべきでないと判断した場合、その仲介業者はあなたのお金の移動に制限を設けることができます。

許可されている。信頼された仲介業者はゲートキーパーとしての役割を果たし、誰もがネットワークの一部になることを恣意的に防ぐことができます。

仮名。プライバシーの問題がより緊急性を増している時に、これらの強力なゲートキーパーは、あなたが望む以上にあなた自身についての財務情報を誤って開示したり、開示を強制したりすることができます。

 

分散型台帳の安全性確保(マイニング

分散した取引記録を維持する上での課題の1つは、セキュリティ--具体的には、不正行為を防ぎながら、いかにオープンで編集可能な台帳を持つかということです。この課題に対処するために、ビットコインはマイニング(コンセンサスアルゴリズム「作業証明」を使用)と呼ばれる斬新なプロセスを導入し、取引の共有記録を更新するために「信頼できる」人を決定しました。

 

マイニングは、取引を記録に追加しようとする際に、「バリデーター」に自分のメリットを証明することを強制する一種の経済ゲームと考えることができます。資格を得るためには、バリデータは複雑な計算パズルを解かなければならない。パズルを最初に解いたバリデータには、最新の取引ブロックの投稿が許可される。最新の取引ブロックを投稿することで、バリデータはブロック報酬を「採掘」することができます(現在は12.5ビットコイン(執筆時点では40,000ドル))。

 

このプロセスは非常に安全ですが、ユーザーがより多くのビットコインを獲得する計算パズルを解くために本質的に「お金を燃やす」ため、膨大な計算能力とエネルギー消費が必要となります。燃やしたお金に対する報酬の比率は非常に懲罰的なので、正直な取引をビットコインの記録に投稿することは、常に検証者の利己的な利益になります。

 

 

Piとは?

 

Piは、あなたがあなたの携帯電話から "鉱山"(または稼ぐ)することができます毎日の人々によってのための新しい暗号通貨です。

 

クリプトカレンシーは、政府や銀行ではなく、コミュニティによって維持され、保護されているデジタルマネーの新しい形態です。今日では、通貨の安全性を確保し、Piの信頼できるネットワークを拡大することで、Piを採掘(または稼ぐ)することができます。ほとんどのクリプトカレンシー(ビットコインなど)は、日常の人々が使用したりアクセスしたりするのが非常に困難なものでしたが、Piはクリプトカレンシーの力を手のひらに乗せてくれます。

 

Piはタダのお金ではありません。それは、その成功は、そのメンバーの集団的貢献に依存する長期的なプロジェクトです。

 

Piは、今日では銀行やテクノロジーの巨人(FacebookやAmazonなど)、その他の仲介業者に流れている経済的価値を、日常の人々がより多く獲得できるように支援することを目的としています。Piは、そのメンバーの集団的な貢献に依存しています。手っ取り早いお金を探しているのであれば、他の場所を探してください。

 

 

 

パイの価値は?

 

現在のPiの価値は、2008年のビットコインと同様に、約0ドル/ユーロなどです。パイの価値は、時間、注意、商品、およびネットワークの他のメンバーが提供するサービスによって裏打ちされます。

 

共通の通貨の周りに私たちの注意、商品、サービスをプールすることで、Piのメンバーは、通常、銀行、テクノロジーの巨人(Facebook、Amazonなど)、およびその他の仲介者に行く価値をより多く獲得しようとしています。

 

Piが「本物のお金」になるのはいつ?Piを「本物の」お金に変えることができるのはいつですか?

 

Piの保有者は、Piのマーケットプレイスで商品やサービスを購入したり、Piを不換紙幣に交換したりすると、Piを「本物の」お金に変えることができます。

 

クリプトカレンシーの保有者には、保有物を「本物の」お金に変えるための2つのオプションがあります(または「キャッシュアウト」する):1)直接商品やサービスをクリプトで購入するか、または2)クリプトカレンシー取引所で不換紙幣(ドル、ユーロなど)にクリプトを交換します。

1) Piを使って直接商品やサービスを購入すること。Pi Networkは、メンバーが直接Piを使って商品やサービスを購入できるピアツーピアのマーケットプレイスを構築しています。早ければ2019年第4四半期には、アプリ内でのPiの交換の実験を開始することを目指しています。

2) クリプトカレンシー取引所でのPiの不換紙幣への交換 Piのコアチームは、クリプトカレンシー取引所(Binance、Coinbase、Krakenなど)がPiを上場することを決定したときにコントロールすることはできません。しかし、Piはプロジェクトのフェーズ3(すなわち、マインネット)で取引できるようになります。その時点で、取引所はPiの上場を選択することができます。その間、Piのコアチームは、フェーズ3に到達するための技術的なロードマップ(ホワイトペーパーを参照)の実施に注力しています。

 

 

それでは創設者の3人の紹介です。

 

製品責任者

 

スタンフォード大学で計算人類学の博士号を取得 ソーシャルコンピューティングを活用し、グローバルなスケールで人間の可能性を解き明かす

 

私はスタンフォード大学で人類学の博士号を取得し、人間行動と人間集団研究の専門知識を持っています。私の研究テーマは、人間とコンピュータの相互作用とソーシャル・コンピューティング、具体的には、人間の行動や社会にポジティブな影響を与えるためにテクノロジーをどのように利用するかに焦点を当ててきました。これまでの研究プロジェクトや論文発表では、生産性を向上させ、ソーシャル・コミュニケーションを拡大し、人々のために未開発のソーシャル・キャピタルを表面化させるためのソフトウェア・システムを設計してきました。また、クラウドソーシングによって会話をスケーリングするメール生産性プラットフォームを構築するスタートアップを設立しました。

ブロックチェーン技術で私をワクワクさせるのは、分散化と経済的な手段の融合です。この技術的な驚異は、世界中の個人を動員して参加させ、その貢献に報いることができます。インターネットが情報交換を通じて世界をより結びつけることを可能にしたように、ブロックチェーンとクリプトコインは、価値取引所とのより緊密で頻繁なコラボレーションを可能にします。私は、それらの可能性は金融の領域をはるかに超えており、個人レベル、社会レベル、そして世界レベルで、そうでなければ創造されなかった価値を生み出したり、捉えられなかった価値を生み出したりすると信じています。私がPiに望むのは、地球市民が自らの価値を解き放ち、獲得し、ひいては社会や世界のために価値を創造するための包括的な経済の確立です。

私は英語と中国語を話します。科学者であり、エンジニアであり、妻であり、3歳児の母親でもあります。

 

技術責任者

 

スタンフォード大学で博士号を取得し、スタンフォード大学初の分散型アプリケーションクラスの講師を務める。

 

私は生涯を技術者として過ごしてきましたが、それがきっかけでスタンフォード大学で博士号を取得し、同大学のコンピュータサイエンス学部のポスドクになりました。ポスドクの一環として、私はスタンフォード大学のコンピュータサイエンス学部でCS359Bというブロックチェーン上の分散型アプリケーションのクラスを導入し、教えていました。そこで私は、ブロックチェーンの技術的進歩を日常の人々の手に届けることの難しさを肌で感じました。今日のテクノロジーは、これまで以上に人々に力を与えることができると信じています。

若い学部生の頃、私は研究室で新しいコンピュータのマザーボードをゼロから設計して作りました。博士課程の初期の研究では、ブロックチェーンやEthereumが登場する前のフォールトトレラント分散システム上で「スマートコントラクト」を書くためのフレームワークを作成し、修士論文として発表しました。私はまた、オンラインゲームプラットフォームGameyolaを作り、何百万人もの人々が2,000年以上もの時間をかけて楽しんでいました。また、スタンフォード大学の学生を対象とした非営利のスタートアップアクセラレーターであるStartXの創設CTOを務め、2000人以上の起業家を支援してきました。

私は暗号通貨の技術的、金融的、社会的な可能性を長期的に強く信じていますが、現在の限界に苛立ちを感じています。私は、現在の経験を改善し、すべての人のための価値を構築することで、より多くの人にブロックチェーンの力を届けることにコミットしています。私は、新しいブロックチェーンの開発プロセスをひっくり返すユーザー中心のデザイン哲学を採用することで、これを実現しています。ベータ版で起動し、ネットワークにメンバーを招待し、メンバーと一緒にプロトコルを反復し、結果として得られたデザインを分散させる。

その結果は現在、新しい暗号通貨とピアツーピアネットワークであるPi Networkとして、150以上の国と32の言語で運用されています。Pi Networkは100%私のプロとしてのコミットメントであり、私の愛する妻と息子が私の個人的なコミットメントの100%を占めています。

 

コミュニティの責任者

 

イェール大学とスタンフォード大学で学んだ社会運動のビルダーであり、社会が富を定義し、創造し、分配する方法を民主化することを使命としています。

 

私の使命は、誰もが、どこでも、自分の可能性を最大限に実現する機会を持てる世界を構築することです。イェール大学を卒業後(政治学の学士号を取得)、ウォール街での投資銀行の仕事を辞退して、地域に根ざしたウェルネスの実践を行うWellWynを立ち上げました。コーチングが好きだったのですが、規模的に持続的なソーシャルワークを生み出すことの難しさに苛立ちを感じていました。より多くの人々に影響を与えるために、ブリッジスパンという非営利/NGOコンサルティング会社に入社し、慈善家やNGOと協力して、アメリカ全土のコミュニティで教育や労働力開発のために何億ドルもの資金を投入しました。

ブリッジスパンでの経験から、人々に平等な機会を提供するためには、「世界のために良いことをしながら経済的に繁栄することはできない」という根強い神話を打ち砕く必要があると確信しました。スタンフォード大学のビジネススクールに入学した後、私は、暗号通貨を使って人々が良いことをしてお金を稼ぐ方法に夢中になり、それによって「富」の意味を再定義するようになりました。これをどうやって実現するかを考えるために、私はスタンフォード・ブロックチェーン・コレクティブ(Stanford Blockchain Collective)を共同設立しました。また、私はCrypto 101ワークショップを教えるようになり、人々がどのようにしてクリプトカレンシーを使って生活を変えることができるのかを学ぶことができました。

私は、クリプトカレンシーは、世界中の人々に新たな繁栄の意味を達成する機会を提供するための最も強力なツールの一つであると確信しています。このような可能性があるにもかかわらず、クリプトカレンシーがどのように人々の生活を向上させることができるのかを理解してもらうための支援は、まだ初期段階にあります。Piはこれを変えることを目指しています。Piは、富を再定義することで他の人々に力を与えるという個人的な生涯の使命の集大成です。

自由時間には、瞑想、ヨガ、太極拳を実践しています。ダンスも大好きです。トリニダード・トバゴ出身で、スペイン語とポルトガル語を話します。

 

ビットコインの時の謎のサトシ ナカモトとの差がすごいですが実在する方々です。

 

今現在Pi net workはスマホアプリでワンタップでマイニングが出来ますがフェーズ2のテストネットの段階です。

以下はホワイトペーパーの翻訳です。

 

 

フェーズ2 - テストネット

 

メインネットを起動する前に、ノードソフトウェアはテストネット上に配置されます。テストネットでは、メインネットと全く同じトラストグラフを使用しますが、テスト用のPiコインを使用します。Piコアチームはテストネット上でいくつかのノードをホストしますが、より多くのパイオニアがテストネット上で自分のノードを立ち上げることを奨励します。実際、どのノードもメインネットに参加するためには、テストネットから始めることをお勧めします。第一段階では、テストネットはPiエミュレータと並行して実行され、定期的に、例えば毎日のように、両システムの結果を比較して、テストネットのギャップやミスをキャッチすることで、Piの開発者は修正を提案し、実装することができます。 両方のシステムを徹底的に並行して実行した後、テストネットの結果がエミュレータの結果と一貫して一致する状態に到達します。コミュニティが準備ができたと感じたその時に、Piは次の段階に移行します。

 

 

フェーズ3 - メインネット

 

コミュニティがソフトウェアの生産準備ができたと感じ、テストネット上で徹底的にテストされたとき、パイネットワークの公式メインネットが立ち上げられます。重要な詳細は、メインネットへの移行では、明確な実在の個人に属していると検証されたアカウントのみが尊重されるということです。この時点で、フェーズ1の蛇口とPiネットワークエミュレータはシャットダウンされ、システムは永遠に単独で継続されます。プロトコルの将来の更新は、Piの開発者コミュニティとPiのコアチームによって貢献され、委員会によって提案されます。それらの実装と展開は、他のブロックチェーンと同様に、ノードがマイニングソフトウェアを更新するかどうかにかかっています。中央機関が通貨を管理することはなく、完全に分散化されます。偽ユーザーや重複ユーザーの残高は破棄されます。これは、パイが取引所に接続され、他の通貨と交換できるようになる段階です。

 

 

 

フェーズ3で換金が可能になります。

この事業が気になる方は登録方法は下記で説明しています。